広島県内の地価は22年続けて下落


上昇率では安佐南区が3か所入っています(長束西・祇園・川内)
安佐南区は所謂ベッドタウンと呼ばれるエリアですが、そのエリアをターゲットとした郊外型店舗の増加に伴い、地価が上昇傾向にあります。(安佐南区の183号線近隣の平地は、特に人気エリアとなっています)

住宅地で地価が高いのは白島・段原。

白島は県庁・裁判所の近隣という理由から、段原は再開発により、道が整備されたことや大学病院・マツダスタジアムが近いことなどの理由から人気があります。

個人的には、安佐南区の平地エリアは今後も上昇傾向にあると思いますので、検討されている方は早い決断をされた方が良いかと思います。その際は、是非当社までご一報ください。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201309200026.html

カテゴリー: ニュース   パーマリンク

コメントは受け付けていません。