今は住宅ローンバブル


変動金利を選択しているのが、およそ4割と言われています。そこから考えて急激な金利上昇を伴えば「第2のサブプライムローン」のようになるのではないか…ということなんですけども、変動金利の支払いは5年間固定(ただし金利は半年ごとに見直す)、6年目の支払いは5年目と比較して最大で1.25倍までとするルールで運用されている金融機関が一般的です。

急激な金利上昇で懸念しなければならないことは「未払利息」が発生する可能性があるということです。

未払い利息とはこのサイトが表などが載っていて詳しく説明されています。
http://allabout.co.jp/gm/gc/10574/3/

ちなみに未払い利息の分岐点を計算するには、下記の式を使います。

未払い分岐点(%)=毎月返済額÷現在のローン残高×12ヵ月×100

未払い利息を発生させないためには、
「できるだけ少ない額を借り、繰上げ返済などを使って早く返す」 ことが必要です。
少額でも、返済期間の短縮する繰上げ返済を行うことができる金融機関も増えています。
そういったものを積極的に活用するという意識が大事です。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130912-00003102-sbunshun-bus_all

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。