売買契約書の説明


重要事項説明書へのサインが終わると、次は売買契約書の説明に移ります。
売買契約書の説明は、重要事項説明書の内容と重複するところがありますので、重要事項説明書に記載された内容と同じであるか確認しながら、契約書を読み進めていきます。

売買契約書には以下の事が書いてあります(主なものを抜粋)
・売買代金、手付金等の額、支払日
・所有権の移転と引渡の時期
・契約の解除(手付解除)
・契約違反による解除(違約金)
・ローン特約
・瑕疵担保責任

ちなみに、買主様が売買契約後に何らかの諸事情によりキャンセルする場合、売主様に渡した手付金を放棄することで契約が解除となります。これを手付解除といいます。逆に売主様がキャンセルする場合、買主様の手付金に加え、キャンセル料として手付金と同じ額を買主様にお返しします(手付倍返し)

ローン特約は、住宅ローンをご利用になる場合、住宅ローンでの借入ができなかった場合は、契約を白紙に戻すという特約です。そのため手付金、申込金など全て買主様にお返しします。

契約内容を確認し、内容に納得できたら、契約書にサイン、捺印をします。
これで契約書の説明は終了です。

カテゴリー: 購入の流れ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。